DocuWorks Q&A

よくある質問と回答をこちらのページでご紹介しております。

基本アノテーションの四角形は回転できますか

基本アノテーションの四角形は回転できません。図形アノテーションに登録されている四角形は、0,90,180,270度の右回転ができます。
回転角度を自由に設定したい時は、他のアプリケーションで、回転した四角形を作成し、DocuWorks文書にOLEアノテーションとして貼り付けてください。なお、使用頻度が高いのであれば、アノテーションツールバーに登録する事をお勧めします。

共有フォルダをリンクフォルダーとして参照している場合、ファイルの並び順も共有できますか

できません。
リンクフォルダー内の位置情報等は、各ユーザーのユーザーフォルダー\リンクフォルダ(拡張子:idm,iDocuWorks)に格納されています。

入れ替えや再セットアップなどで、ライセンス認証を解除したい。

1.スタートメニューのすべてのプログラムから、FujiXerox→DocuWorks→ライセンス管理画面をクリックします。
2.インターネット経由での認証解除または、電子メールでの認証解除を選び次へをクリックします。
3.手順に沿って進めてください。
何らかのトラブル等でこれらの作業ができない場合は、富士ゼロックス ライセンス認証サポートデスクへご連絡ください。連絡先は、商品封入の各種ご案内を参照ください。

ExcelのシートをDocuWorks文書に貼り付けると枠線が表示されてしまう

ExcelのシートをDocuWorks文書に貼り付けた場合は、Excelの設定で枠線がONになっていると貼り付けた後などに枠線が表示されてしまいます。Excelの設定でOFFにしてください。

サブフォルダの数に制限はありますか

特にDocuWorksとして制限は設けていません。

部分イメージコピーの貼り付け時、「デバイスに依存しないビットマップ」と「ビットマップ」の違いは

「デバイスに依存しないビットマップ」は、ビットマップのオブジェクトに、カラー情報をつけて送るので、デバイスが違っても同じ色で出力されます。一方、「ビットマップ」はデバイスに依存するため、ディスプレイなどのデバイスの色数や解像度によっては、赤みをおびたりします。通常は、「デバイスに依存しないビットマップ」を使用した方が無難です。

体験版で60日の期限が過ぎてアンインストール後、また、使用できますか

できません。

部分イメージコピーでOLE貼り付けするとイメージが粗くなる

72dpiで表示するため粗くなります。「OLE」ではなく、「その他の形式」で貼り付けれは粗くなりません。ただし拡大/縮小ができなくなります。
印刷品質は「OLE」でも「その他の形式」でもほぼ同等ですので、用途にあわせてご選択ください。

DocuWorks PDF Creatorが異常終了しPDF変換できない。

Windows 10 November Update (ver. 1511) 以降のバージョンで、游ゴシック、游ゴシックLight、游ゴシックMediumを使用したアプリケーションファイルをDocuWorks PDF Creatorで印刷すると異常終了します。

アプリケーション文書を開いて、游ゴシック、游ゴシックLight、游ゴシックMediumが指定されたすべての文字を”MSゴシック”などの書体に変更した後、DocuWorks PDF Creatorで印刷してください。

PDF変換ボタンを押すと、「プリンタドライバが更新されています。初期化してください」と表示され、PDFに変換できない。

PDFに変換(DocuWorksPDFCreator)ボタンを右クリックし「プロパティ」をクリック、
PDFに変換の設定画面が表示されたら「OK」ボタンをクリックし閉じる。

Windows 10でPDFに変換できない。

DocuWorks 7シリーズの場合は、「7.3.4」が最新となっております。
それより低い場合は、まず最新版へアップデートをお願いいたします。

https://www.fujixerox.co.jp/download/software/docuworks_7/

その後以下の操作を行ってください。
操作に関しては、お使いいただいているPDF変換のプラグインの種類によって操作が異なります。

◆PDFに変換(Adobe PDF)を利用中の場合

申し訳ありませんがAdobe PDFがWindows 10に対応して以内との事でした。
Windowsを元のバージョンに戻すか、イメージ変換出力をご利用ください。
(有償ですがDocuWorks8へのアップブレードでも解決いたします。)

以下の操作でPDF変換ができるようになる可能性もありますが、Windows 10への対応がされていない為同様の症状が発生する可能性もございます。

①DocuWorks Desk 「プラグイン」メニュー→「設定」をクリック
②右側の「現在のプラグインメニュー」から「PDF変換(Adobe PDF)」選択し「削除」ボタンをクリック。
③左側の「追加できる項目」から「PDF変換(Adobe PDF)」を選択し「追加」ボタンをクリック。
④「PDFに変換の設定」画面が表示されるので、「プロパティ」をクリックし、「Adobe PDF のドキュメントのプロパティ」画面で、「Rely on system fonts only~(もしくはシステムのフォントのみ~)」のチェックを外し「OK」→「OK」→「閉じる」の順にクリック。
⑤PDF変換できるかを確認する

◆PDFに変換(DocuWorks PDF Creator)利用中の場合

①Desk上のプラグイン→プラグインの設定→現在のプラグインメニューの中のDocuWorks Desk 「プラグイン」メニュー→「設定」をクリック
②右側の「現在のプラグインメニュー」から「PDFに変換(DocuWorks PDF Creator)」選択し「削除」ボタンをクリック。
③左側の「追加できる項目」から「PDFに変換(DocuWorks PDF Creator)」を選択し「追加」ボタンをクリック。
④「PDFに変換の設定」画面が表示されるので、「OK」→「閉じる」の順にクリック。
⑤PDF変換できるかを確認する

PDFをDocuWorks文書に変換しようとすると、『生成処理で予期せぬエラー』が発生し変換できない。

DocuWorksを最新版(8.0.7)へアップデートしてください。
それでも解決できない場合は、以下の手順をお試しください。
DocuWorks Desk上で、「ファイル」→「DocuWorksの設定」→DocuWorks Deskの設定の「ファイル取り込み」をクリック。
「ファイルに関連付けられたアプリケーションを用いてPDFファイルを取り込む」のチェックを外す。 (もしくは入れる)

PDFからDocuWorksに変換した文書にOCRを掛けることができない

DocuWorks文書には、アプリ文書とイメージ文書の2種類が存在します。
WordやExcelなどのアプリケーションから取り込んだファイルはアプリ文書。
スキャンした文書や画像から変換した文書はイメージ文書となり、OCRが可能なのは、このイメージ文書となっております。
PDFからDocuWorksへ変換した場合、アプリ文書として取り込まれるため、そのままではOCRを掛けることができません。
DocuWorksDesk上でファイルを選択し【ページの加工】→アプリケーションページタブ→イメージページに変換するにチェックを入れ、OKをクリックすると、イメージ文書ができ、OCRが掛けれるようになります。